薔薇画廊お取扱い作家の、畠中光享氏から新作がご提供されました。現役の僧侶でありインド美術研究家にして、日本画家の氏が描く作品は東洋美術に対する深い造詣が背景にあります。
今回の新作は、凛とした意思を持つ女性の肖像を中心とした小品です。薔薇画廊では、長いお付き合いのある畠中光享氏の個展を久方ぶりに企画し、制作をお願いしていました。この新作はその中の一部です。畠中光享氏のページにてご紹介しています。