先にお知らせした、薔薇画廊お取り扱い作家、畠中光享氏の新作個展は、かねてより企画していたものです。

折しも、今年2018年秋に「興福寺中金堂再建落慶法要」が営まれる運びとなりました。奈良興福寺は、白鳳時代に源を持つ由緒ある寺院です。中核である中金堂は、創建以来何度も焼失・再建が繰り返されています。今回は約300年ぶりの再建となります。
再建なった中金堂には、法相柱と呼ばれる柱に描かれた絵があります。この柱絵を制作されたのが、畠中光享氏です。

中金堂再建に際しては、日本画家でありインド美術研究家の畠中光享氏に、柱絵の制作が依頼されました。
薔薇画廊は、畠中光享氏が新進画家の頃から、長いお付き合いがあります。畠中氏にとって今回の「興福寺中金堂柱絵」制作は、畢生の大作となるものです。

このたびの柱絵完成、中金堂落慶という嘉事のお祝いを兼ねて、画伯の新作展覧会を、落慶法要が行われる今秋に開催することと致しました。