HOME薔薇画廊について⇒薔薇の肖像

なぜ薔薇と名づけたの?薔薇はなぜトゲがあるの?

糸園和三郎 6号油絵

女の美しさ、カトリーヌ・ドヌーブ

若いころの『昼顔』もよいが、『ヴァンドーム広場』のカトリーヌ・ドヌーブは、凄みのある美しさだ。
人間の尊厳とでもいうものに、圧倒される。薔薇にトゲがあるようなものである。

トゲがあるからこそ、薔薇である。凛と伸ばした茎が美しいのだ。背中の肉も盛り上がり腕も太く、老いは着実に彼女に襲いかかっている。
しかし、美しいのである。

女性の勝負は50歳からである。薔薇の持つ凛とした精神。内面の美しさ。それは無作である。自然で繕わず、ありのままの姿。ドヌーブの射すくめるような厳しい眼差し。皺さえも美しい。生き続けるという強い志。

後藤又兵衛 10号油絵

ヴァンドーム広場にある老舗の有名宝石店のオーナーが経営難で自動車自殺。その未亡人マリアンヌがカトリーヌ・ドヌーブ。18年前結婚する以前に、彼女には愛する男性がいた。どんなに愛しても裏切られ騙された。夫が死に、20年後その男性に会う
「夜すぐに眠れる?」と女は男に訊ねる。
「いや眠れない」
「眠れない夜、数えるの」と女はいう。

絵画の世界もこの映画(ヴァンドーム広場)と同じである。バブル崩壊後、世の中が様変わりし、エスプリの香りも消えたようだ。2003年、小津安 二郎監督生誕100年であったが、生きて おられたら、現在の日本の文化をどう感じるであろうか?